川崎市多摩区登戸DTM教室。小田急線、JR南武線 登戸駅より徒歩2分。DTMユーザーに人気の高い、Cubaseの使い方や作曲、アレンジ、オーケストレーション、ピアノレコーディング、ミックスをマンツーマン個人レッスン。初心者大歓迎のDTMレッスン教室です!無料体験レッスンも随時受付中です。

登戸DTM教室
音楽初心者~プロを目指す方まで川崎市多摩区登戸にDTM教室開講

HOME | 初心者講座 | ウッドベースのレコーディング

Article 3

ウッドベースのレコーディングの話


現在進⾏形でYoutuber アルバムを⼿掛けている松尾ですがその中の1曲にウッドベースを使う曲があり、これは⽣⾳で録りたいと思い決意しました。
 
中学から仲良いベーシスト友達がウッドベースを使っていて、
わざわざそれを使いたく楽曲の中に
ウッドベースを⼊れたのはここだけの話。(プロデューサーも知りません笑)

登戸DTM教室ウッドベースレコーディングの様子

 
よく⽣⾳の⽅が打ち込みより良いですよね!と聞かれるのですが、
結論から⾔うと、どちらも良いです。
 
ただ、それぞれのポテンシャルがあって線引きは難しい。⾳質的にはもちろん⽣⾳の⽅が良いと思います。
でも曲によっては打ち込みの⽅が良い場合も全然あると思っていて、
みんな違ってみんな良いかな笑
単純に良し悪しよりも、
「⽣⾳⼊れたいから⼊れた」で良いと思う!笑
 
そんなことは⼀旦置いといて、ウッドベースはマイクの⽴てる位置によって全く違う⾳が出ることに驚きました。
 
奏法は変えずマイクの位置をずらすだけで、弦を弾く⾳、⽊が響く⾳、乾いた⾳、深い⾳。もっと調べれば他にも⾯⽩いマイキングがあると思うのですが発⾒があって興奮した1⽇でした。
 
どの⾳を使ったかは公開までのお楽しみに。